この記事は約 1 0 秒で読めます。

ツボ押しというのは身体の様々なトラブルを改善する方法で、『ツボ療法』とも呼ばれています。

全身にあるツボはそれぞれが臓器と関わりがあり、首筋の痛みや頭痛などもツボを押すことで解消することができるのです。

そこで更年期を迎えたあなたの症状を緩和するためのツボをご紹介していきます。

今まで、つらい更年期の症状で苦しんできたけど、それも今日でサヨナラ!

ぜひ参考にしてくださいね!

更年期に効果あり!手にあるツボとは?

合谷(ごうこく)

このツボは疲労回復や肩こり、発汗に効果的です。

万能ツボとも呼ばれ、様々な症状に効果が期待できます。

場所は親指と人差し指の骨がちょうど交わる部分にあるくぼみがツボです。

反対側の親指で潜り込ませるように押してあげると効果があります。

指間穴(しかんけつ)

このツボは冷えの改善やイライラなどを抑える効果が期待できるツボです。

ツボの場所は手の甲の人差し指、中指、薬指、小指の間にあるツボで、ちょうどそれぞれの指の付け根にあります。

その3か所のツボをつまむようにしてあげると効果があります。

腰腿点(ようたいてん)

こちらのツボには腰痛の緩和が期待できます。

合谷のツボの位置からやや内側の部分にあります。

老宮(ろうきゅう)

このツボには関節痛や発汗、のぼせ、イラつきを抑える効果があります。

場所は握りこぶしをつくった際にちょうど中指の先が振れる部分がそうです。

反対の親指でしっかりと押してあげましょう。

神門(しんもん)

倦怠感や何に対してもやる気が出ず、憂鬱なときに効果的なツボです。

場所は手首の関節で横にシワができる部分があり、そのシワの小指側にある突起した骨の上にある凹んだ場所が神門になります。

手だけじゃない!更年期効く足のツボ

三陰交(さんいんこう)

このツボには女性ホルモンの分泌を促進し、更年期の症状全般を和らげる効果が期待できます。

ツボの場所はくるぶしの内側の頂点から、指4本分上にあります。

ツボの上に両親指を重ね、押していきましょう。

これを数回行ない、朝晩の2回することを習慣にしていけば、体調が改善されていきます。

SPONSORED LINK

このツボは女性特有の生理痛や血行不良による冷えの改善に効果的です。

場所はひざの内側にある突起部分から指4本分上にあります。

押し方は太ももを両手で掴むようにし、親指を重ねてツボを押しましょう。

その際、あまり強く押しすぎないように注意してください。

湧泉(ゆうせん)

のぼせ・ほてりといったホットフラッシュに効果があるツボです。

また自律神経の乱れを整える効果も期待できます。

湧泉の位置は足裏のちょうど真ん中にあり、若干指先に寄った場所にあります。

押し方は、親指を使って強めに押していきましょう。

ツボを押したときの特徴

ツボの場所というのは多少の個人差があります。

ツボがある部分を押すと痛い、気持ちいいと思う箇所があるはずです。

その部分があなたの正確なツボの場所です。

これらのツボを押していくことを習慣にすれば次第に症状も和らぎ、充実した毎日を送ることができるようになるでしょう!

The following two tabs change content below.
管理人:ミサ

管理人:ミサ

更年期に苦しむ母の姿を見ていると、娘の私は自分のことのように心が痛かったです。もし、このサイトをご覧になっているあなた自身が今現在「更年期障害」に悩んでいるとしたら、一番ツラいのはもちろん自分自身ですが、周りの家族も同じように苦しみを共有していることを忘れないでくださいね。元気なあなたの姿を待っている家族のためにも…更年期障害なんて吹き飛ばしちゃいましょう!