この記事は約 3 46 秒で読めます。


女性にとって『お肌の悩み』は永遠のテーマです。

年齢を重ねるごとに新陳代謝の低下による『ターンオーバー』のサイクルが乱れ、肌の乾燥やシミ・シワといったお悩みが出てきますが、40代半ば頃から急に肌トラブルがひどくなったと感じるようであれば更年期障害が影響している場合があります。

『ニキビがなかなか治らない…』
『乾燥がひどくて粉をふく…』
『シミやシワ、くすみも増えてきた…』

などのお悩みを持つあなた、この記事を読むことでそんな悩みを解決することが出来る対策方法をご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

更年期に肌荒れや乾燥、ニキビがひどくなる原因とは?

お肌のトラブルの中でも代表的なものと言えるのがニキビや乾燥といった症状ですが、冒頭でもお伝えした通り年齢によるものも大きいですが、それ以外にも更年期が影響していることもあるのです。

日本人女性の閉経は平均で50歳前後と言われていて、その閉経を挟んだ45歳から55歳くらいの約10年間を更年期と呼んでいます。

更年期を迎えると女性ホルモンの分泌が減少していき、自律神経のバランスが崩れてしまい、それまでは何の異常もなかった肌にニキビや肌荒れなどのトラブルが出てきたり、悪化するなどの症状が出てくる場合があるのです。

また、それだけでなくシミやシワ、くすみといった悩みも増えていきます。

症状がひどい場合は肌荒れや乾燥が全身に広がったりして、かゆみを伴う可能性もあります。

それらの原因である女性ホルモンの1つ、エストロゲンという物質は肌の状態に非常に大きな影響を与えるものなのです。

肌の保湿効果を持ち、潤いをキープする役割があったり、コラーゲンを生成する役割があります。

ですが更年期を迎えることで、そのエストロゲンが減少してしまい、肌に必要な水分やコラーゲンが維持できなくなり、お肌のハリやもちっとした潤いを失ってしまうのです。

そうなってしまうと肌の保護機能が低下していき、皮脂も分泌が出来なくなってしまいます。

それが原因で乾燥を引き起こしたり、ニキビや肌荒れといったトラブルが起きてしまうのです。

この保護機能の低下は放置していると、症状がひどくなると敏感肌となってしまい、ちょっとした刺激でもかゆみやかぶれ、赤みなどの反応が出てしまいます。

さらに悪化すると痛みをともなってくることがあり、その影響で夜眠れなくなってしまうなど、日常生活にも大きな影響を与えてしまいます。

更年期を迎えた女性のリアルな肌の悩み!

実際に更年期を迎えた女性の肌トラブルのお悩みを見つけたので、いくつかご紹介していきます。

同じ様な悩みを持つ方も多いので、共感できる部分も多いと思うので参考にしてみましょう。

はるな

48歳の専業主婦です。
昨年くらいから急に肌が荒れるようになってしまい、洗顔した後は顔がパリパリします。
特にひどい日なんかは赤みが出てメイクでもカバーできないほど…。
まなみ

今年で50歳になるのですが、シミやシワがとても気になるようになりました。
40代前半くらいまでは特に気になることもなかったのですが、40代後半に差し掛かったあたりから急に肌トラブルが起きました…。
普段はメイクで隠していますが、すっぴんになるとひどくてしょうがないです。
みなえ

数年前から肌のキメがあらくなってきて、最近では肌荒れやシミ、たるみが起きています。
私が試している対策は化粧水をたっぷり使って乳液や美容液を使ってそのあとにマッサージをしていますが、それでも改善できず困っています。
恥ずかしくて外に出るのもおっくうです。
それ以外にも43歳くらいから更年期の症状が出て身体がだるかったり、疲れがなかなか取れなくなってします。
本当にどうにかしたいです…。

いかがでしょうか?

あなた同様に肌荒れに苦しんでいる女性はたくさんいます。

肌荒れの症状を改善するには、まず元凶である更年期の症状を緩和する必要があります。

そこで、つぎの項目で症状の改善・対策方法について詳しくご消化していきますね。

SPONSORED LINK

肌トラブルの対策!肌荒れや乾燥、ニキビなどを改善するために必要な方法

それでは早速ご紹介していきます。

どれも基本的なものにはなりますが、とても重要なものなので怠らず取り組むようにしましょう。

睡眠時間をしっかりと確保する

睡眠時には成長ホルモンが身体から分泌され、お肌の調子を整えてくれるのです。

ですが、逆に睡眠時間が不足してしまうと、低下している肌の新陳代謝のサイクルをより乱すことになります。

乾燥などの影響でかゆみがきになって寝付けない場合は、しっかりと保湿クリームを塗るなどして対策を取るか、事前に皮膚科で診察してもらうようにしましょう。

また、就寝時間と起床時間をしっかりと決めていると自律神経のバランスも整ってくるので更年期の症状も並行して軽減できます。

お肌の保湿はしっかりと行ないケアする

お肌のケアの基本と言えるでしょう。

肌にトラブルがある際にはしっかりと保湿ケアをするようにします。

入浴した後にボディークリームなどで体をしっかりと保湿したり、お顔は化粧水や乳液、クリーム、美容液をしっかりとつけてケアしていきます。

特にクリームや乳液には保湿成分が逃げないように蓋をしてくれる効果があるので忘れずに使用しましょう。

また、顔や身体を洗う際にごしごしと洗うことで、必要以上に皮脂を落としてしまったり、肌を傷つけることになるので、ネットなどでしっかりと泡立てて、その泡で洗うような感覚で優しく洗っていきましょう。

食生活を見直してみる

先ほどもご説明しましたが、更年期の症状は女性ホルモンのエストロゲンの減少によって自律神経が乱れたことによる影響のものです。

そこで、大豆製品に含まれる『大豆イソフラボン』の登場です。

この大豆イソフラボンには女性ホルモンに近い働きを持っているので、毎日しっかり摂ることで症状の改善に効果が期待できます。

また大豆製品には『サポニン』という成分も含んでおり、抗酸化作用があるので血液の流れが良くなり、新陳代謝のアップに効果があります。

納豆や大豆、味噌といった身近なものから摂ることが出来るので、手軽に摂取が可能です。

大豆製品以外にも、新陳代謝を促進するためのビタミンB1は豚肉や豆類、などから、お肌のターンオーバーを促進・整える効果があるビタミンCは柑橘類の果物や生野菜などから簡単に摂取が出来るので毎日の食事に取り入れていきましょう。

毎日の食事に取り入れるのが難しいようであればサプリメントなどでも簡単に摂ることが出来るようになっているので試してみるのも良いと思います。

紫外線対策はバッチリですか?

日中外の日差しからはお肌の保湿成分やバリア機能を破壊する紫外線が存在します。

長い時間紫外線に当たることで、肌でメラニン色素がつくられてしまい、シミやシワ、そばかす、くすみなどの原因となってしまうのです。

特に更年期の女性はお肌の保護機能が低下しているのもあるので、外出の際は日傘や日焼け止めクリームを使用して、紫外線対策をしていきましょう。

ちなみに紫外線は晴れていなくても雨や曇りの日であっても地上に降り注ぎます。

また紫外線カットの窓やサングラスであっても100%防ぐことはできないので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?

加齢や更年期は避けて通れないものではありますが、対策をしっかりと取ることで症状を緩和することが出来るのです。

いくつか対策方法をご紹介させていただきましたが、その中でも試していただきたいのが、食事と睡眠です。

手軽にできますし何より、人の三大欲求ですので無理なく始められます。

現在、私も取り組んでいますが、効果をしっかりと実感できていて、肌の悩み以外にもホットフラッシュや肩こりなどの症状が和らいだのを肌で感じています。

更年期を上手に乗り切って日々の生活を快適に過ごしていくためにも、ぜひあなたも自身にあった方法でケアしていきましょう。

The following two tabs change content below.
管理人:ミサ

管理人:ミサ

更年期に苦しむ母の姿を見ていると、娘の私は自分のことのように心が痛かったです。もし、このサイトをご覧になっているあなた自身が今現在「更年期障害」に悩んでいるとしたら、一番ツラいのはもちろん自分自身ですが、周りの家族も同じように苦しみを共有していることを忘れないでくださいね。元気なあなたの姿を待っている家族のためにも…更年期障害なんて吹き飛ばしちゃいましょう!